フェチ

眼鏡フェチのこと

眼鏡フェチとは?

眼鏡フェチは眼鏡フェティシズムの略で眼鏡をかけた異性に性的興奮を覚えるというフェティシズム的服装倒錯症に分類される性的倒錯です。
性的パートナーに対して眼鏡をかけたままの性行為をすることによって性的興奮を覚える人も居ます。
1990年代以降にかけて眼鏡をかけた女性AV女優や一般のグラビアアイドルが見らて、眼鏡姿を写した写真が散見されるようになりました。
ただ視力が悪いから掛けるのではなく、おしゃれの一つとして用いられるようになった眼鏡は眼鏡フェチにとって嬉しいことでもあります。

眼鏡っ娘ブームとは?

最近は可愛くおしゃれなフレームもいっぱいあり、極度の近眼のためにレンズが厚くなって目が小さく見えたり輪郭がゆがんだりということは無くなってきました。
芸能人・タレント・モデル・女優がテレビでおしゃれ感覚で眼鏡を掛けたり、カップルでお揃いのメガネでデートしたり、メガネ大好き女子が増えました。
その影響で眼鏡を掛けた女子高生・OL・秘書・教師・女医・アナウンサーなどの女性のメガネに興味をもつ眼鏡フェチが徐々に増えてきました。

眼鏡の種類について

現在は可愛い・シンプル・華奢・ガーリーテイスト・カッコいい系などの眼鏡や高級ブランド品の眼鏡が多数販売しています。
眼鏡のフレームにこだわりがある人や色、形、用途別に使い分ける人も居ます。
眼鏡フェチにとってはバリエーション豊かな眼鏡が増えたことによって、増々フェチ度が増してきます。

よくあるご質問

Q:眼鏡女子の魅力とは?
A:裸眼とメガネをした時のギャップにドキドキしたり、メガネを外した時に目を細める仕草、メガネを掛け直す仕草などに興奮する人も居ます。

Q:眼鏡をかけているイメージとは?
A:「知的である」というイメージ最も多く、真面目・おしゃれ・クールの順番に続いている意見が多いです。

Q:メガネ男子とは?
A:女性の中には眼鏡をかけた男性をみると頭が良さそうでおしゃれに見えたり、黒縁眼鏡にドキドキ感を覚える人も居ます。